toggle

串間市おもしろ郷土史ブログ

日本人のおなまえ…ならぬ、土地のおなまえ

NHKで「日本人のおなまえ」が放送されていますが、名前にはいろいろな理由からつけられたものや仕事からつけられたもの、など突き詰めていくと名前からいろんな事が分かります。
その人のお名前はNHKにお任せするとして……

実は公民館講座内の話で、土地の名前(地名)に注視してみました。
いつ頃から、その土地がそう呼ばれているのかは分かりませんが、その呼び名は「字図」にしっかりと記載されているようなのです。

ここ「市木」の例をとってみましょう。
市木と言えば、「柱松」火祭りが有名ですが、実はその「柱松」という字名があるんです。中福良地区の田んぼの真ん中に「柱松」が。
昔は、この字名の所で「柱松」の火祭りが行われていたとか。柱松という所で火祭りをしたから柱松なのか、柱松をしたから、そこが「柱松」という字名になったのか? 確かに言える事は、そこが火祭りの会場であったという事です。
また、近くに「蛭田」という字名がありますが、昔はその田んぼに蛭がたくさんいたとか。また、現在の市木小学校辺りは、「開田」(ヒラキダ)という字名ですが、昔は湿地帯で、開墾をしてやっとこ田んぼにしたみたいです。

その他にも、たくさん話を聞く事ができました。
「石原」という字名は、昔から石がゴロゴロ原っぱ状態だったとか。
また石波という地区に、不思議な事に山の中腹辺りに「燈台」という字名があるのです。きっとその辺りで火を焚き、航行の道しるべになるように燈台のような働きをする場所だったのでは……
また、市木の北西部からの入り口は「郡司部」という字名ですが、「郡」とは徴税や司法を司っていた所を指しますから、この地は昔そのような役所があった事が伺い知れます。同じように今の市役所の東側も「郡元」と言われますから、役所があったのでしょう。また、地形から細く入り組んだ谷間の所を「宇土谷」(ウトンタン)というそうですが、そう呼ばれるところは結構あるみたいですね。

字名は、昔の人の生活の営みや様子が分かる数少ない伝承されたものです。しかし、行政が利便性を考え、簡単な地名「○○町○○番地」等に替えて行くと昔からの由来等が消えていっているのが実情です。
だからこそ、なにかに書き留めておく事が必要です。皆さんも周りから調べて残しておくことも話のネタになるのではないでしょうか。
ところで、「市木」という字名がないのですが……
これについては、次回のおもしろロ郷土史ブログの中で……

話:市木「歴史を楽しむ」公民館講座より(文責:園田)