toggle

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

地域まるごと支え合いシンポジウム

2月 11 @ 1:00 PM - 4:00 PM

無料

*****市民公開講座 串間市健幸マイレージ対象事業*****
地域まるごと支え合いシンポジウム
住み慣れた地域で 自分らしく暮らし続けるために

■日時:令和2年2月11日(祝日)
   13:00〜16:00(受付 12:30〜)

■場所:串間市文化会館 小ホール

■参加費:無料 どなたでも参加出来ます

■お申込方法:FAX・郵送・電話でお願いします。(チラシ裏面参照)
   ※1月31日(金)までにお申込み下さい。
   ※10名以上でのお申込みは、お手数ですが本申込書をコピーしてご使用ください。
   【申込先】串間市医療介護課 地域医療介護連携推進室 担当:松下・山下
   TEL 0987-72-0333 / FAX 0987-72-0310
   E-mail tikiryo@city.kushima.lg.jp

【プログラム】
■開会行事 13:00〜
■基調講演 13:10〜
 演題:『人生の最終段階における医療・ケアについての意思決定支援に関すること』
 講師:板井 孝壱郎 教授
   (宮崎大学 医学部社会医学講座生命・医療倫理学分野 教授)

■事例発表 14:50〜
 テーマ: 在宅医療や介護の活動について
 司会者:岡村武志氏(岡村クリニック/南那珂医師会理事)
 発表者:
 ●介護支援専門員 今村 浩樹 「看取りに近い利用者の事例」
 ●薬剤師 川﨑 邦子 「薬局における在宅訪問指導」
 ●作業療法士 立川 智樹 「難病患者における在宅支援の取組事例」
 ●訪問看護 中田 浩一朗 「わたしたちが行きます。おうちへ帰ろう!」
 ●栄養士 高橋 由美子 「余命3ヶ月から2年生存」
 ●看護師 大塚 民子 「安心して快適な生活を求めて」

■パネル発表
 ●津曲 友和  「在宅で生活している人の支援について」
 ●牧野 由香里 「笑顔の旅立ち~家で最期を迎えるしあわせ~」
 ●門内 一正 「ほとんど在宅、時々入院」
 ●高橋 由美子 「自転車 がなくても自立した生活」、「最後まで 、自分の足で」
 ●鈴木 政嗣 「在宅生活が可能な身体・認知機能」

■まちの保健室…宮崎県看護協会 日南・串間地区運営委員会

【主催】串間市

【後援】(一社)南那珂医師会、(公社)宮崎県看護協会

【お問合せ先】
串間市医療介護課 地域医療介護連携推進室(電話 0987-72-0333)

詳細

日付:
2月 11
時間:
1:00 PM - 4:00 PM
参加費:
無料

主催者

串間市

会場

串間市文化会館