toggle

串間市おもしろ郷土史ブログ

くしま おもしろ郷土史ブログについて

串間って、昔は「櫛間院」と言われていたことを皆さん、知ってましたか?
串間って、戦国時代、串間の地で約80年間、あちこちで戦いがあったことを知ってましたか?
串間って、文化思想の発祥地であり、日本が海外と貿易をする時に大切な場所であったことを知ってましたか?
串間って、神話がないと言われていますが、ほんとに神話がないと思っていますか?

???

ほかの地域ではあれだけ、いろんな歴史があるのに、
串間って、なにもないのでしょうか。

実は、……「くしま(串間を敢えて「ひらがな」標記します)」は歴史を伝えるものが、今密かに無くなっているため、分からないことが多くなっているのです。
確かに、形あるものは、それを保存しないと消滅してしまうし、伝承は言い伝えていかないと途絶えてしまいます。
そのような状況が今、「くしま」にあるのです。
だからこそ、今、言い伝えられている事をまとめていくことが必要ではないかと考えました。そして、市民の皆さんが歴史や文化について情報交換ができる場を設け、皆さんが興味関心を持っていただけるようにしたいと考えました。

それが、「くしまおもしろ郷土史ブログ」です。
市民の皆さん。
こんな話があるよ、
こんなものが残っているよ、
という情報があれば、ぜひ、串間市民活動交流センター(パナップ)まで連絡していただけると有り難いです。

記者紹介

園田 和宏(そのだ かずひろ)
経歴
35年間教職をつとめ、校長にて定年退職
現在、くしま市民活動交流センターのセンター長。
文化財、歴史に興味があり、各種団体や地域と連携をとり、
くしまのエコツーリズムに寄与したいと考えている。