toggle
2018-12-03

くしまn自然学校

くしまエコツーリズムでもおなじみ、「くしまn自然学校」の今年度の活動は古竹地区との協働で行われています。
ソバ作り体験は9月に種まきをし、11月25日にソバを刈って畑に干す作業をしました。
それから1週間、12月1日脱穀、唐箕を使った選別を行いました。
昔ながらの方法を再現しました。
畑に大きいシートを広げ、向かい合って棒で叩きます。
前の日に少し雨が降ったので乾燥が十分でなく、脱穀に苦労しました。
唐箕での選別では、回す力加減を参加者のみなさん、習得されました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =