toggle
2021-02-12

~SDGsカードゲーム授業 第一回:大平小学校~ 地域おこし協力隊:上山千恵美さん

串間市でSDGsを広く周知しようという取り組みから、市内の各小学校5年生(複式学級は5,6年生)を

対象に、授業を始めました。

授業の内容は、カードゲームを使用し、SDGsとはどういうものなのかを体感してもらうものです。

SDGsを全く知らない、聞いたことはあるけれど内容は分からない、というフェーズ0の状態から、

SDGsを知っている、内容が分かる、というフェーズ1の状態を目指します。

 

第一回目は、大平小学校で行いました。大平小学校は複式学級で5年生1名、6年生3名の計4名で行いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5年生は1名でしたが、活発に意見も出ていて、学年を超えて仲良くできることは素敵だなと感じました。

山手に位置しており景色も良く、素敵な小学校でした。

 

私自身のファシリテーターとしての実施も初めてで、ぎこちない部分が多くありましたが、ゲームは楽しみ

ながら、体感してもらえたのではないかと思います。

http://www.city.kushima.lg.jp/main/info/cat20/cat22/cat3033/sdg.html (串間市公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 5 =