toggle
2020-11-02

11月は「児童虐待防止推進月間」です

児童虐待に関する通報や相談件数は、年々増加しており、子どもの命が奪われる重大な事件も後を絶ちません。
児童虐待は社会全体で解決すべき重要な課題であり、そのためには、国民全体の理解を深めていくことが不可欠です。
国では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定めており、全国各地において、児童虐待防止のための広報啓発活動が行われています。

児童虐待とは…?

  • 身体的虐待
    殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、家の外にしめだすなど
  • 性的虐待
    子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど
  • ネグレクト
    乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、他の人が子どもに暴力を振るうことなどを放置するなど
  • 心理的虐待
    言葉により脅かす、無視する、きょうだい間で差別的な扱いをする、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)など

虐待を受けたと思われる子どもがいたら

 児童虐待かもと思ったらすぐにお電話ください。

児童相談所虐待対応3桁ダイヤル189(いちはやく)

  • 連絡は匿名で行うことも可能です。
  • 連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。
  • お住まいの地域の児童相談所につながります。
  • 通話料無料

(注意)一部のIP電話からはつながりません。

児童相談所の相談窓口

  • 中央地区・・・中央児童相談所(0985-26-1551)
  • 県南地区・・・都城児童相談所(0986-22-4294)
  • 県北地区・・・延岡児童相談所(0982-35-1700)

子どもを健やかに育むために~『愛のムチゼロ作戦』~

最近の研究では、叩かれたり、怒鳴られたりした子どもは、脳の発達に深刻な影響を受けていることがわかってきました。

例え、親が「しつけ」や子どものためを思って叩く、いわゆる「愛のムチ」のつもりであったとしても、子どもにとっては怖いことで、心に大きなダメージを受けていることがあるのです。

子育てに関する悩みがあるときは、一人で抱え込まずに、周りに相談したり、市町村の子育て支援の窓口や児童相談所にご相談ください。

 

お問い合わせ
福祉保健部こども政策局 こども家庭課児童支援担当
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号
電話:0985-26-7570
ファクス:0985-26-3416
メールアドレス:kodomo-katei@pref.miyazaki.lg.jp

詳細は、宮崎県公式サイトをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 11 =