toggle
2018-07-01

活動報告 串間市広報7月号より

5月の地域調査は古川地区と長田地区のいきいきサロンに行ってきました。
古川地区では盆おどりの話を聞きました。自分の地区にたくさん来てもらうために木代地区や他の地区にも踊りに行ったそうです。またその頃、地区に子どもたちが多くいたので幸島や本城小学校などいろいろな場所に子どもたちと訪れたそうです。
ほんの少し前の時代では、家のまわりで採れたもの、手作りした食べ物などがありとても豊かな自然の暮らしがあったことを思い起こさせてくれました。
長田地区は以前からかんしょの生産地で、公休日を地区で設定して休むことを義務付ける工夫をした程で、寝る間もなく働いた様子が伝わってきました。この地区では500年続く「鎌踊り」が保存会により継承されています。
現在、関わっている動きとしては「第15回キャンドルナイトインくしま」、「北方地区の盆踊り」があります。これは長い間、地元で大切にされてきたものを継続していくもので、時代に即した方法を話し合いながら見つけていきたいと考えています。
北方の盆踊りは第二、第四の日曜日19:30~行われます。どなたでも参加可能です。
私たちも参加しますので一緒に楽しみましょう。
パナップのホームページを作成中です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − ten =