toggle
2020-09-09

【串間中が「コロナウイルスに負けない宣言」を発表】

今日の新型コロナウイルス感染症の感染状況に対して、感染予防対策や差別などに対する心構えを若い世代から発信しようと、串間中学校の生徒会が「コロナウイルスに負けない宣言」を発表しました。
 9月3日(木)、同校の生徒会執行部6人が市役所を訪問し、生徒会長の内山田大地さんが市長へ宣言文を読み上げました。
 この宣言文は、同感染症にかかった方への誹謗中傷が全国で増えている背景を踏まえ、執行部の皆さんが生徒はもちろんのこと市全体が安心して暮らせるようにしていきたいと考え、夏休み中に集まって話し合いを重ねて作成されました。内容はアルコール消毒やマスク着用などの徹底、感染症に関する差別を絶対にしない・させない・許さないなど6項目が明記されています。
 内山田さんは「全国各地でコロナウイルスにかかった人に対してのいじめや差別が起きている。串間でもいつ感染者が出るか分からない状況であり、出た場合でもそのようなことが起きることなく市民の皆さんが安心して暮らせるようにと思い作成した」と話していました。
 宣言文は、市役所玄関に掲示をしていますのでぜひご覧ください
https://www.facebook.com/kushimacity/ (串間市facebook)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =