toggle
2018-06-01

活動報告 串間市広報6月号より

今年度の活動について
 
事務所も移転し新規一転した「くしま市民活動交流センター」ですが、パナップの今まで提供してきたサービスはそのまま、利用料の事項も含め継続しますので、これまで通り原稿づくり、コピー、チラシ作りなど利用できます。
今年度の新しい取り組みとして、事務所を利用する人を持っているだけでなく自ら出かけていく動きを作っていきます。
「地域連携」へ市のほうでも舵を取り始めた地域の暮らしの見直しに対する支援です。
現在串間市全体では153の自治会があります。この数は串間市が誕生した翌年、昭和30年、42.305人だった頃とほぼ同じ数です。これまでに何度か再編成の試みがなされてきましたが、結局、元の形に戻っています。
昨今、高齢化が進み、公民館長さんの役割が重なり、ますます役員を頼みにくくなってきた、とか、今のままでは5年後やっていけない、との声を聞きますが、介護保険の度重なる変更を受けて、介護を受け入れる地域力も必要となり、社会福祉協議会でも昨年より地域の力の掘り起こしに注力しています。
ここで市でも「地域連携」のモデル地区を北方とし、取り組み始めました。
これらの動きを有効的にコーディネートすべく、また串間の持続可能性を高める最重要事項と位置づけ、パナップもアイデアを提供しながら共に動いていきたいと考えています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =