toggle
2020-06-15

いこいの里がぶりプリ丼の提供開始

6月11日(木)、串間温泉いこいの里で「串間活〆ぶりプリ丼ぶり」の認定証交付式がありました。

交付式には、同施設支配人の田熊昭さんが出席され、「ぶりプリ丼」推進協議会会長の立本与司仁さんより認定証の交付を受けました。

 

ぶりプリ丼は、同協議会が定める「ブリの量は100g以上」「2種類以上のタレ(味)を準備する」「サラダの野菜は5種類以上」など12項目の条件をクリアし、提供が可能となります。

今回認定されたいこいの里もすべての項目をクリアし、味・見た目などの審査の結果もほぼ満点を獲得。6月12日(金)より提供を開始します。

また、ぶりプリ丼は、串間獲れの新鮮なブリと旬の野菜を使った丼ぶりで、各店舗それぞれで違った味を楽しめるのも大きな魅力です。

いこいの里は、審査項目の中で指定している松尾醸造場の「スタミナつけてミソ」の指定ダレに加え、オリジナルの「完熟キンカンたまたま塩ダレ」を使用しています。

田熊さんは、「串間のいいところを集めた丼ぶりなので、ぜひ食べに来てほしい」と話していました。

今回の交付式にあたり、立本さんは、「今後、観光客などの方がぶりプリ丼の食べ比べを行えるように店舗数を増やしていったり、観光施設との連携をさらに図るなどを通して市内の活性化のために貢献していきたい」と話していました。

 

https://kushima-spa.net/?page_id=122 (いこいの里 お食事HP)

https://www.facebook.com/kushimacity/ (串間市facebook)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 14 =