toggle
2019-11-21

宮崎県地方史研究連絡協議会秋季研究発表串間大会(Cコース)

<海と歴史の関わり>Cコース

串間市の南東方向半分は海に囲まれています。
その中でもCコースで回った本城地区は海に因んだ史跡や見学ポイントのある地区です。
まずは本城永田地区にある吉田兼好神社。由来は定かではないが皮膚病にご利益があるといわれている。

この場所は鬼ヶ城7号古墳と伝えられている。

本城崎田地区旧海軍遺構 兵舎跡

本城港地区
室町時代から中国との貿易に関りがあり、「湊」という地名が使われていた。
やがてヨーロッパからの貿易船が寄港するようになる。
ポルトガル、スペイン、オランダなどの船が水や食料、船員などの補給をし、船出するのに適した風を待って過ごしたのも現在の下千野から崎田までの湾一帯であった。
16世紀後半ヨーロッパで描かれた世界地図の多くに「Minato]という地名が見られる。


貿易船に積まれた水?海の近くにある井戸跡

崎田浜あたりの堤防は元の石積みのものをコンクリートで覆ったものである。斜面の角度から人の手で積み上げたものであろうとの推測ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − nine =