toggle
2019-11-20

宮崎県地方史研究連絡協議会秋季研究発表串間大会(Bコース)

前回上記大会のAコースについて紹介しました。
次は<串間の著名な寺社と歴史>Bコースです。

まず訪れたのは高野山真言宗 極楽寺。
九州36不動霊場14番札所。 島津家に深い関りを持つ寺院。
境内には島津家氏族の新納家一統の墓とされる五輪塔群がある。

境内にはこんな相撲地蔵も。

次に向かったのは臨済宗相国寺末永徳寺
寺伝によると712年、高鍋藩寺社帳では1135年創建。
島津家の家紋入り屋根瓦

本西方、個人所有の山林内にある五輪塔に案内
凝灰岩製の同寸大の五輪塔2基がある。高さ2m40cm。一部では室町時代初期のものとも言われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − fifteen =