toggle
2019-09-22

広報くしま9月号掲載

「地域づくり」の手だて

6月号・7月号・8月号にて「地域づくりのため」の基本的な考え方やそこに向かうための条件整備についてお伝えしました。私たち「くしま市民活動交流センター」は、その考え方や条件整備のために、串間市総合政策課と協議を重ね、中間支援組織としてできる限りのニーズに応えていこうと取り組んでいます。

一例として、個人・団体より企画の相談に乗ったり、補助金申請等に関わったり、どのように記載していけば採用されるかなどを一緒に考えたりしています。例えば、市民団体の「ブライトライト」がジャズを串間市民に広めるために、7月19日に「JAZZのまちづくり」としてコンサートを開催しましたが、ここでは申請の仕方から、公演のための企画、場所や出演者の事などの相談を受け、その支援に当たりました。この開催は来年の2月まで後三回ある予定です。

また、個人としては、郷土史家の「田中靖基」さんが、7月22日から30日までの期間で串間市民病院ロビーにて「日本の古地図展」を開催しました。これまでに田中さんが収集されていた古地図を、広く市民の皆さんに見てもらって、くしまの歴史に興味をもってもらおうという相談でしたので、ここでは開催場所や期間の調整、パネルの借用やメディアへの情報提供などの支援をしました。このように私たちは、個人・団体からのニーズに対して支援を行い、協力をしています。皆さんも企画などの相談に来られてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =